クリームを塗る人

肌に優しいオーガニック化粧品の選び方

オーガニック化粧品は肌に優しいイメージがありませんか。ケミカルな化粧品には、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンなど肌に負担をかける成分が使用されています。これらの成分を与え続けることでバリア機能が低下し、乾燥、シミ、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。オーガニック化粧品は肌に負担をかける成分を極力使っていないので肌に優しいのです。
しかし、オーガニックといっても中には肌に刺激を与える成分を使用している化粧品もあります。本当に肌によいオーガニック化粧品は選び方に注意が必要です。
日本ではオーガニック化粧品の定義がはっきりとしていません。そのため、わずか1%でもオーガニック成分を含んでいればオーガニック化粧品と呼ぶことがあります。残りの成分はケミカルなので、ケミカル化粧品とほとんど変わりありません。
オーガニック化粧品を購入するなら、ヨーロッパのものがおすすめです。ヨーロッパはオーガニックに対する意識が高く、オーガニック化粧品の認証制度が設けられています。厳しい基準をクリアしたものだけが認証マークを取得できます。
代表的なものには、ネイトゥルー、エコサートなどがあります。これらを参考に選ぶよいです。

Press Release

  • アラフォー主婦が美肌でいるために。

    30代後半にさしかかってきて、毎日お肌の衰えを感じます。まずハリがなくなりましたね。水を弾いてる小学生の娘や幼稚園児の息子が羨ましいです。あと、毛穴がどうしても目立ってきて。しかも縦長の毛穴になってるし。もう自分の顔を見…

    MORE

  • アンチエイジングにはやっぱり美顔器

    20代後半から、美容液やクリームといったコスメを使用したスキンケアだけではなく、アンチエイジングのために美顔器を取り入れたお手入れもスタートしました。美顔器のお値段は、安いものもありますが、きちんとした効果が実証されていて、保証などもし…

    MORE

TOP