クリームを塗る人

ジェルクレンジング

メイクした時の洗顔方法をジェルクレンジングで洗顔フォームというダブル洗顔から、ジェル一回の方法にしました。
特にダブル洗顔していてお肌が乾燥するとか、洗ってからつっぱるのはありませんでしたが、お風呂の時間やおやすみ前の時間を少しでもゆったりにしたかったから。

そのツーステップからシフトしてみて、最初はジェル一回でクリアの方法でダブル洗顔みたいにさっぱりできるかなの疑問はありましたけど。
少し固めのジェルを手にのせてから、お~っとか思いながら両手のくぼみで解しながらよく温めてクレンジング、ジェルは薄いオレンジの色味で香りもそんな感じ。
ダブル洗顔用のジェルよりやや固いかなというジェルを、ちゃんと活かしつつ使うには手のくぼみで温めるのがコツのようです。
メイクオフにはクレンジングクリームでも温めるというのは同じですね、フェイスラインにのばすと程よく温めたジェルがそれよりぽかぽかになりメイクになじむ感覚。
美容成分をたくさん配合してとありましたから、年齢肌に効いてくれたらいいなとスキンケアします。


繰り返しで潤い肌を作る

乾燥はお肌に大敵なのは知っていても、なかなか保湿できないのが現状です。
何歳になってもお肌のきれいな人っていますよね。
「何か特別なことしてるかも?」「もともと美肌か肌質か」なんて諦めモードになって結局何もしない私。
でも誕生日が来て、これから年齢を重ねるのに乾燥対策は、シミや皺、ほうれい線に効果があると聞いてこのままではマズイと危機感を持ち始めました。
そこで、ズボラな私にもできそうなことを始めてみました。
それは洗面所に化粧水を置いておくこと。
洗顔後や入浴後すぐに保湿すると良いよと美肌の友人に聞いたので実行。
実は私は部屋まで移動するまでに忘れたり時間がたってけど、保湿という動作が少し面倒ではなくなったかも。
さらに、化粧水を1回だけでなく数回繰り返してから乳液をしてお肌に蓋をすることで保水力がupするらしい。
ズボラな私にはハードルが高かったけど、これもパジャマを着たり洗面所周りを整頓しながら少しずつできるように。
いつも、口や頬の周りがかさついていたけど少しだけしっとりしてきた気がする今日このごろ。
冬はもちろん夏はクーラーで意外にも乾燥している私のお肌。繰り返しでお肌に潤いを与えられそうです

30代女性が感じる肌とそのスキンケア方法

肌の衰えや変化を30代になって感じる事が多くなる世代です。特に肌のエイジングサイクルが乱れ整えたりする力もなくなるため、気にならなかった些細な変化に気づくようになり、すくみ・シミ・たるみ・法令船・毛穴といった物が気になるようになります。
その原因の最もはコラーゲン不足でコラーゲンは年齢と共に体内から失われていくため、ハリや潤いがなくなっていきます。
また、毛穴がたるんで涙袋みたいに見えてしまう場合は毎日ケアを行っていない証拠ですので、毎日お風呂上りには必ずケアを徹底的に行う事が大切です。
くすみはどうしてなるかという原因を見つけ徹底的に対応したり、顔の血行が悪ければ有酸素運動をすると代謝があがり顔色もよくなったり、シミには美白成分が含まれている商品をケアに取り組む事で対応されます。
そういう商品を継続的に使う事が必要で、外出前には必ず日焼け止めや日傘。
日が強い時は日差し対策をするようにし、紫外線を直接当てないようにするのが大切です。
また毎日美白成分のあるフェイスパックをする事がシミ対策の近道です。


施術時間たったの5分!メイクをしたままで施術が可能なお手軽ほくろ除去は大阪の【サクラアズクリニック】がおすすめですよ!


蓄熱式医療脱毛マシンがある!メンズ脱毛を京橋でするなら「サクラアズクリニック」がおすすめです。スピーディーな蓄熱式医療脱毛マシンがあり、痛みもなく産毛や男性の髭もバッチリ脱毛できます。

Press Release

  • アラフォー主婦が美肌でいるために。

    30代後半にさしかかってきて、毎日お肌の衰えを感じます。まずハリがなくなりましたね。水を弾いてる小学生の娘や幼稚園児の息子が羨ましいです。あと、毛穴がどうしても目立ってきて。しかも縦長の毛穴になってるし。もう自分の顔を見…

    MORE

  • アンチエイジングにはやっぱり美顔器

    20代後半から、美容液やクリームといったコスメを使用したスキンケアだけではなく、アンチエイジングのために美顔器を取り入れたお手入れもスタートしました。美顔器のお値段は、安いものもありますが、きちんとした効果が実証されていて、保証などもし…

    MORE

TOP